メニューを飛ばして本文へ進む

教育資料閲覧室

「教育資料閲覧室」とは

東京都教職員研修センター「教育資料閲覧室」では、研究紀要・報告書、教科用図書、人権教育関係資料、図書、雑誌など、教育に関する資料を収集・整理し、東京都公立学校教職員や教育に関する研究を目的とする一般利用者等が利用できるようにしています。

利用方法

利用対象者

  • 東京都公立学校教職員
  • 教育に関する研究を目的とする一般利用者
  • 上記以外にセンター所長が利用を求めた者

開室日

  • 平日の午前10時 から 午後5時30分 まで
    ※ただし、土日・祝日・年末年始以外にも、蔵書点検等の特別業務で休室日となることがあります。
    ※8月第3週については閉室日になります。
  • 月曜日、水曜日及び金曜日の開室時間中は常時利用可能です。
  • 火曜日及び木曜日の利用は事前に企画部企画課に御連絡ください。
    電話:03-5802-0268

閲覧できる資料

  • 研究紀要・報告書
  • 教科用図書(小学校、中学校、高等学校、特別支援)
  • 道徳副読本
  • 人権教育関係資料
  • 教育関係図書
  • 教育関係雑誌
  • 新聞(全国紙6紙・教育関係新聞等)
教育情報資料の検索

   ⇐ クリックしてください。所蔵資料の検索ができます。

◆◆ 教育資料閲覧室からのお願い ◆◆

教育資料閲覧室は、東京都教職員研修センターが教育の資料収集及び活用のために設置しました。東京都公立学校教職員や教育に関する研究を目的とした一般の方が、利用することができます。 皆さんが気持ちよく利用できるよう、次のことを守っていただくようお願いします。

<入室時のお願い>

☆鞄等は、教育資料閲覧室前廊下のロッカーに入れてください。
(100円硬貨が必要ですが、使用後に返却されます。)
鞄をもって入室することはできません。ただし貴重品は各自で管理してください。

☆教育資料閲覧室利用簿に必要事項を御記入ください。

☆教育資料閲覧室利用簿に所属・氏名等必要事項を御記入の上、入室バッヂを付けてください。(入室バッヂは退室の際、御返却ください。)

<資料及びパソコンの利用>

☆資料は丁寧に御利用ください。切り取り、書き込み、ページ折り、付箋付けなどはしないでください。

☆最新の雑誌・新聞は、その都度一部ずつ閲覧してください。

☆パソコンは、資料検索及びDVD視聴の目的でのみ利用できます。

<禁止行為>

☆次の行為は、他の利用者の御迷惑となりますので、おやめください。
・飲食(館内のコモンスペース等を御利用ください。)
・大きな声での会話、音読、携帯電話の使用など
・室内での居眠り
・室内での写真やビデオ撮影
・資料の無断持ち出し
・営利目的の利用

上記のことを守らない場合や、その他教育資料閲覧室職員の指示に従わなかったり、他の利用者の迷惑になるとセンターが判断する行為を行ったりした場合には、退室していただくこともあります。

問合せ先
 東京都教職員研修センター企画部企画課
  電話番号     03-5802-0268
  ファクシミリ番号 03-5802-2077

 

東京都公立学校教員の皆さんへ