メニューを飛ばして本文へ進む

メニューを飛ばして本文へ進む

メディアSOSガイドブック
〜こんな子どもがいたら〜知らない人と会っている

 1   インターネットを通して起きている事件・事故の実態を知らせましょう。

  現在インターネットに起因する事件・事故が増えています。インターネットを使用して人間関係を広げることはよいことですが、そこに潜む危険を知らずに悪意のある人に接し、事件・事故に巻き込まれる可能性があります。例えば、虚偽の情報を基に呼び出され、身体に危害を加えられることも考えられます。過度に不安にさせないように配慮しながら、事件や事故の実態を知らせ、使用の仕方を話し合いましょう。 また、双方向性、匿名性などのインターネットの特性を教え、インターネットを通して起きたトラブルについて、対処する方法を知らせましょう。



 2   子どもとよく話し合って、実態を把握しましょう。

  まず子ども本人と話し合って、現状と課題を把握しましょう。もしかするとインターネットに潜む危険について、「自分は大丈夫」「自分が会っているこの人は信頼できる」と思っているのかもしれません。対応策を考えていく上でも、子どもの実態を正しく把握する必要があります。そして、子どもとじっくり話し合うことで、子どもの思いや考えを理解しましょう。


 
 3   連携して、問題に取り組みましょう。

  学校・保護者がそれぞれ把握した情報を、共有することが大切です。さらに、学校として指導できること、家庭として対応できることを明らかにし、それぞれの立場で連携して行動しましょう。各関係機関にも相談し、子どもたちが被害者にも加害者にもならないよう、取り組むことも大切です。
 
事例集
事例集
事例集
先頭へ