メニューを飛ばして本文へ進む

メニューを飛ばして本文へ進む

メディアSOSガイドブック
〜こんな子どもがいたら〜 知らない人とやりとりをしている

 1 インターネットを通して起きている事件や事故の実態を知らせましょう。

 現在インターネットに起因する事件・事故が増えています。知らない人とメールのやりとりをすることで、事件・事故に巻き込まれる可能性があります。事件や事故の実態や、双方向性、匿名性などのインターネットの特性を子どもに教え、心配なことは保護者や教員、身近な大人に相談するなど、 インターネットを通して起きるトラブルに対処できるようにさせましょう。



 2 メールのやりとりをする時の注意事項を教えましょう。

  文字中心のコミュニケーションの特性を教えましょう。直接会って話す場合と違って、主として文字だけで意図を伝達し合うので、誤解のないように配慮することが必要です。相手がだれだか分からない場合、相手の文章の内容をそのまま受け止めたり、過剰に反応したりしないように教えましょう。また、個人情報を気軽に発信したり、不正確な情報を広めたりしないことを教えることも大切です。そして、知らない人とのメールのやりとりから実際に会うことの危険性について教えましょう。

 
 3 子どもの思いや考えを理解しましょう。

  まず子ども本人と話し合って、現状と課題を把握しましょう。もしかするとインターネットに潜む危険について、子どもは「自分は大丈夫」と思っているのかもしれません。また、何か満たされない思いをメール上の友人にぶつけているのかもしれません。子どもとじっくり話し合い、子どもの心を理解しましょう。場合によっては、話し合いで把握した事実を関係機関に伝え、連携して課題に取り組むことも大切です。
 
先頭へ